畑城址・畑神社址

地元の伝承によると、南北朝時代の南朝の武将畑時能(畑六郎左衛門尉時能)が八幡山に畑城を築いたとされている。

中腹には、畑時能を祀ったとされる『上宮跡』があり、遺徳をしのんだとされる五輪の塔の一部が残っている。

1940(昭和15)年、畑時能を顕彰しその英霊を祀るため『畑時能公顕彰会』が創設され、『畑神社』が建立されることになった。

1945(昭和20)年の敗戦により、工事は中止となり建物は解体され、今は畑神社の石碑が残るだけである。


所在地 石川県加賀市大聖寺畑町
TEL  無し
入場時間  自由
入場料  無料
駐車場  有り
ホームページ  無し

碑文

石碑


上宮跡(五輪の塔)への参道

上宮跡(五輪の塔)


▲このページのトップへ