大聖寺城址(錦城山)

江戸時代初期まで存在した平山城で、県内で唯一の安土桃山時代の城郭址。

南北朝時代の軍記物『太平記』に初見。

永く『お止山』として入山が禁止されていたため、遺構の保存状態がたいへん良い。

2011(平成23)年度から、本丸・二の丸・対面所などで発掘調査が続けられている。


所在地 石川県加賀市大聖寺錦町
TEL  無し
入場時間 自由
入場料 無料
駐車場

有り

ホームページ 400年の時を経て今甦る大聖寺城

聖城高校グラウンドから見た錦城山

曲輪と遊歩道


東丸からの眺望(夕焼けに染まる白山)

紅葉の本丸(櫓台)


▲このページのトップへ