イベントスケジュール

これから開催されるイベントのスケジュールです

◆10月のイベント

10/7(土)~11/11(土)の各土曜日

「北前船」日本遺産認定記念事業  市民歴史講座「北前船」

「北前船」が日本遺産に認定されたことを記念して、北前船をテーマとした市民歴史講座(入門編6回シリーズ)が開催されます。

◆時間 10:00~11:30

◆会場 かが交流プラザ「さくら」 204会議室

◆講師  薮下昇一(全国北前船研究会会長)

見附裕史(全国北前船研究会副会長)

平野俊幸(坂井市文化財保護審議会委員)

桜井忠良(江沼地方史研究会会員)

◆聴講 無料

◆申込 不要

◆プログラム

第一回  テーマ「北前船」とはどのような船か

開催日 10/7(土)

講師 薮下昇一

内容 倭線の種類、北前船の船型、積み荷、航路、北前船の語源など

第二回  テーマ 北前船がもたらした文化とその遺産

開催日 10/14(土)

講師 見附裕史

内容 北前船の里資料館開設と酒谷家コレクション、石や瓦、焼き物などの移動とその影響など

第三回  テーマ 加賀の四大船主

開催日 10/21(土)

講師 見附裕史

内容 西出孫左衛門・久保彦兵衛・大家七平・広海二三郎

第四回  テーマ 北陸の北前船主たちとその活躍

開催日 10/28(土)

講師 平野俊幸

内容 小浜、河野、三国、安宅、金石、能登、越中などにおける船主の活躍

第五回  テーマ 船乗りたちの1年と海難

開催日 11/4(土)

講師 薮下昇一

内容 出立から船囲い・帰郷まで、船中生活と船乗りの階層、儲けと海難

第六回  テーマ 北前船の終焉と北洋漁業への転身

開催日 11/11(土)

講師 桜井忠良

内容 蒸気船の導入/大資本の参入と衰退/北洋漁業への転身

◆主催 加賀市・全国北前船研究会

◆問合せ 加賀市観光交流課文化振興室 TEL 0761-72-7988

  全国北前船研究会 薮下 TEL 0761-75-2662

10/15(日)

山の文化館 10月の『聞こう会』 『深田先生あれこれ』

デオ・ティバ峰登頂者で、深田久弥さんとの交流を通じた思い出を語っていただきます。

◆時間 13:30~15:00

◆会場 深田久弥山の文化館内聴山房

◆聴講 無料

◆演題 深田先生あれこれ

◆講師 宗實慶子氏(デオ・ティバ峰登頂者(1960年10月))

◆問合せ 深田久弥山の文化館 TEL 0761-72-6366

10/15(日)

平成29年度 市民山登り

平成26年に、山中山岳会の尽力により新たな登山道が整備された菅倉山に初挑戦。スポーツ推進委員・消防職員・加賀山岳会員がサポートで安心安全に登山を楽しみませんか

◆時間 8:00~14:00

◆集合場所 古九谷大橋手前駐車場

◆申込必要 申し込み用紙を提出

◆申込用紙設置場所 市役所総合案内・市民会館・山中温泉支所・市スポーツセンター・加賀体育館・山中健民体育館

◆参加 無料

◆定員 30人(先着順)

◆対象 市内に在住もしくは勤務している人(小学生未満は不可)

◆持ち物 飲物・弁当

◆服装 長袖・長ズボン・帽子

◆問合せ 加賀市スポーツ課 TEL 0761-72-7985

10/20(金)~22(日)

第31回北陸盆栽展

北陸支部連合会の盆栽愛好会の丹精込めた作品を展示します。

◆時間 9:00~17:00(20日は12:00から、22日は16:00まで)

◆場所 加賀体育館

◆入場 無料

◆主催 (一社)日本盆栽協会 石川県支部

◆問合せ (一社)日本盆栽協会 石川県支部 田中 TEL 090-2127-0916

10/22(日)

石川県自然解説員研究会

登山口~寺尾観音山のルートで秋の木の実を観察しよう

◆時間 9:00~15:00

◆集合場所 寺尾観音山駐車場 (加賀市曽宇町)

◆参加 無料

◆持ち物 飲物・弁当

◆服装 長袖・長ズボン・帽子

◆注意事項 登山口にトイレがありませんので、事前にすませてきてください

◆問合せ 石川県自然観察員研究会事務所 TEL 0761-74-6683

(宮下)090-2370-7083

10/26(木)

燕庵十世休々斎竹翠 百回忌献茶式記念茶会

もと、加賀大聖寺藩の御典医で茶頭でもあった。藪内流九代家元宝林斎の急逝にあたり藪内家に後見人として迎えられ、休々斎竹翠と号し、宝林斎の遺児を養育した。明治11年12月1日、初めて北野天満宮で公開の献茶をすることになった。休々斎は雅楽の音にあわせて献茶式を行い、その手前を規定した。以来、北野天満宮の献茶式は藪内家と三千家の輪番制なり今日に至っている。休々斎は、晩年大阪吹田市に隠棲し、福田姓に復している。

休々斎は生前、十代を継ぐことを潔しよしとせず、没後十一代透月斎により十代家元として遇されたと伝えられている。

◆受付開始 8:00~14:00

◆献茶式 10:00~

◆会場 菅生石部神社(石川県加賀市大聖寺敷地ル乙81)

◆定員 200名

◆詳細内容・席料等については、聖城一滴会までご確認ください。

◆主催 聖城一滴会・古儀茶道藪内流大聖寺教室・藪内宗家

◆共催 古儀茶道藪内流竹風会福井支部

◆問合せ 聖城一滴会 TEL 090-7083-7640

10/27(金)~11/5(日)

九谷焼×オリエンタルワールド

堀江祐夫子 作陶展  賛助出展 画 山崎千恵

ピアノの調律師から縁あって九谷焼作家に転身した祐夫子さんは、トルコを中心とした伝統のイスラム文様を日本伝統の九谷焼で表現しています。細やかな筆遣い、色遣いをお楽しみください。寄り添うように友人の山崎千恵さんの絵が飾られます。

◆時間 10:00~18:00 (期間中無休)

◆場所 ギャラリー萩(加賀市大聖寺下屋敷町ホ-8)

◆プロフィール 堀江祐夫子

・ピアノ調律師として従事後、堀江青光の指導のもと九谷焼の世界に入る

・「伝統九谷工芸展」に連続入選

・石川県庁警察庁舎エントランスホールの陶板制作

・石川県伝統産業技能奨励者に表彰される

・金沢・福井・東京での作品展他、ブタペストやサンクトペテルブルグにおける「ジャパン・アート・コレクション」に出展

◆プロフィール 山崎千恵

・1993年 名古屋造形芸術短期大学洋画科卒業

・1995年 (財)岩田洗心館にて日本庭園を使ったインスタレーションの作品を発表後、日本伝統文化に興味を持ち、表具を習い始める

・以後、墨と和紙を素材とした、本紙、表装を含めた作品制作をする

◆問合せ ギャラリー萩 TEL 0761-73-2714

10/28(土)~29(日)

第22回 文化の祭典

かつて十万石の城下町として栄えた大聖寺。その歴史や文化を今に伝える陶磁器・掛物・屏風・置物など、各家々に伝わる貴重なあるいは珍しい品々を展示する『わが家の家宝展』(大聖寺文化協会)や、編み物・刺繍・書道などの各教室の作品展、らくやき絵皿絵付け作品展、そして、テント会場での窯焼ピザ・手打ちそば・野菜販売などが2日間にわたり開催されます。

◆時間 9:00~17:00(29日は16:00まで)

◆会場 大聖寺地区会館 ほか

我が家の家宝展(大聖寺地区会館1階大広間・和室)

・初代大聖寺藩主 前田利治公甲冑展示

・『いま気づく大聖寺』 

・~日本プロ野球の父~ 『河野安通志』紹介コーナー

家宝展サブ会場

◎彫金工房 月 カフェサロン 銀 (大聖寺本町)

◎甘味処『香楽』(大聖寺中町)

◎カフェ・フード&スタジオ フゾン (大聖寺山田町)

◎FUZON KAGA (大聖寺山田町)

◎小川呉服店(大聖寺本町)(29日のみ)『煎茶席と掛け花展』 

・10:00~15:00 (お茶席券 500円)

◆アリス学園交流コーナー(大聖寺地区会館駐車場)

・28日(土)ベトナム料理「フォー」 100食限定 100円

・29日(日)インドネシア料理「ナシゴレン」 100食限定 100円

(販売は、両日とも11:30から)

・ベトナム・インドネシア出身地紹介のパネル展示開催

◆作品展示(大聖寺地区会館2階大会議室)

・縫うぬ~の教室作品展

・書道教室作品展

「錦城書道」「つゆくさ会」「遊心会」「子ども書道」

・フランス刺繍教室作品展

・オービーズ教室作品展

・復興チャリティ販売

◆らくやき絵皿絵付け作品展(大聖寺地区会館2階大会議室)

・私の選ぶ作品賞投票

◆珈琲コーナー (大聖寺地区会館2階学習室)

◆特設テント (大聖寺地区会館駐車場)

 ・窯焼ピザ・ぜんざい・手打ちそば・焼き芋・スーパーボール・綿菓子・ポップコーン・「シルバー元気市」野菜販売

◆そば打ち体験コーナー (大聖寺地区会館1階保育室) 希望者若干名

◆主催 大聖寺地区まちづくり推進協議会 TEL 0761-72-0463

◆共催 大聖寺文化協会

10/28(土)~平成30/2/4(日)

開館15周年特別記念展『魯山人と初代須田菁華展』

魯山人は生前、陶芸の師匠は初代須田菁華だと述べていました。師弟関係にある菁華と魯山人の美的世界を、多種多様な作品を通して紹介します。

◆開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)

◆休館日 月曜日(祝日の時は開館)

◆場所 石川県九谷焼美術館(加賀市大聖寺地方町1-10-13)

◆入場 一般500円 75歳以上250円

◆問合せ 石川県九谷焼美術館 TEL 0761-72-7466

10/28(土)~11/5(日)

加賀百万石ウォーク2017(秋冬編)

秋の城下町大聖寺を、還幸ボランティアガイドの説明を聞きながら散策します。

◆実施時間 10:00~12:00 (距離3km)

◆集合・解散場所 JR大聖寺駅

◆参加費 1,000円 (ガイド料・拝観料・お茶&お菓子代込み)

◆みどころ 山ノ下寺院群・落ちない松(三葉松)・碑めぐり・大聖寺藩主の菩提寺拝観・大聖寺藩主の墓地

◆問合せ KAGA旅・まちネット TEL 0761-72-6678

10/28(土)~11/5(日)

加賀大聖寺山ノ下寺院群   特別公開 寺宝・庭園・御朱印 めぐり

400年近い歴史をもつ山ノ下寺院群にある、大聖寺藩前田家の歴代藩主の墓や座禅堂、五百羅漢像、芭蕉の句碑などに加え、普段は公開されていない庭園や涅槃図、仏像などが特別公開されます。

季節の花や住職との会話を楽しみ、御朱印をいただくこともできます。

◆期間中、3ヶ所以上の御朱印をいただいた方にオリジナルトートーバッグを進呈いたします。

※蘇梁館の担当者に朱印帳を提示していただきます。数に限りがあります。

◆寺院名・施設の見所・拝観料など

・実性院

大聖寺藩主前田家の菩提寺で、歴代藩主の墓があり、ぼけ封じ白寿観音もお参りできます。通称、「萩の寺」、座禅堂あり。長寿の鐘つき50円。(拝観料:400円 子供無料)

・蓮光寺

星祭りは、水を被る荒行で知られる。頭がすっぽり入るほど大きな茶碗と道具を使った大茶盛りが人気11月3日(金・祝)第10回大茶盛茶会を開催。(特別展示)人間国宝荒川豊蔵の茶碗。長寿の鐘つき50円。(拝観料:浄財)

・久法寺

寺宝として鬼子母神立像・三十番神像・十羅刹女立像等があります。境内には日本で初めて鉛筆を製造した柿沢理平、加賀藩の語学教師として招かれたリトルウッド(英国人)の墓、また奥には九谷焼を再興した吉田屋伝右衛門の墓があります。期間中、本堂にて川瀬住職による写真作品展「蓮の四季折々」を開催。(拝観料:浄財)

・全昌寺

山口玄蕃の菩提寺。五百羅漢は加賀市指定文化財。松尾芭蕉が奥の細道の旅で泊りました。(特別公開)魯山人の焼き物と掛軸。(拝観料:500円小中学生200円)

・正覚寺

本尊の履行阿弥陀如来は、平清盛の寵愛を受けた加賀国仏ヶ原(現小松市原町)出身の白拍子仏御前が帰郷の際、清盛から与えられたもの。11月4日(土)「二胡とギターの演奏会」開催(11:00~・14:00~)(入場無料)(拝観料:浄財)

・宗寿寺

山門は大聖寺藩の関所門を移築したもの。山門脇のスダジイは、ヤマウルシ・ウメモドキ・タブ・ネズミモチ・ハイイヌツゲ・ツタウルシの6種類が寄生しており大変貴重。毎年2月11日の鬼子母神星祭では、水行・御祈祷が行われる。10月28~11月5日、本堂で「和紙ちぎり絵展」開催。(特別公開)嫁おどし肉付きの面・釈迦涅槃図・版木。長寿の鐘つき(半鐘)50円。(拝観料:浄財)

・本光寺

室町時代の涅槃図がある。日本百名山の著者深田久弥の墓があり、全国から登山愛好家が訪れます。山門からの眺めがよく白山を一望できます。(特別公開)絹本著色仏涅槃図(室町時代)(拝観料:浄財)

・加賀神明宮

『山下神社』の名で親しまれています。1868(明治初)年の神仏分離まで当境内に真言宗慈光院がありました。白山宮や松島社など境内社が多い。11月2日(木)午前6時36分07秒から3分間、日の出が白山山頂・鞍掛山鞍部・白山宮を一直線に結びます。(拝観料:賽銭)

蘇梁館

北前船主の町、橋立の中でも最大の勢力を誇っていた久保彦兵衛の住居を移築した建物。加賀市の文化遺産。会期中、錦城小学校の明治の所蔵品と、アレクサンドル・ルロワさんのシルエットアート展を開催します。(見学無料)

らくやき体験工房翆雲窯

九谷焼など一般の焼き物と異なり、短時間(15分)で焼成できるのが特徴。形作りから削りまで、2時間程で完成します。10月28日~29日、蘇梁館で会員の作品展を開催します。

手捏ね社碗でお茶会。抹茶茶碗を自作し、窯入れ後お茶会で初使いします。

◆主催:NPO法人加賀国際交流会たぶんかネット加賀

◆問合せ:事務局(蘇梁館内) TEL 0761-72-5350

◆11月のイベント

11/3(金・祝)

第10回大茶盛茶会

使われる茶道具はどれも大きく、茶碗は顔がすっぽり入るほどです。第10回を記念して、先代住職の遺品による添釜も同時に開催されます。

◆時間 9:00~15:00(受付は8:30~14:30)

◆会場 蓮光寺(大聖寺下屋敷町28)

◆お茶券 2,000円(大茶盛・薄茶席の二席分)

◆問合せ 蓮光寺 TEL 0761-72-1069

11/5(日)

市民登山 『蟹の目山』(689m)

大聖寺出身で『日本百名山』の著者深田久弥が、100年近く前に登った蟹の目山。山中温泉市谷町からの一周6kmのコースです。(上り3時間、下り2時間)

◆集合時間 7:00

◆集合場所 山中健民体育館駐車場(山中温泉加美谷台)

◆参加 無料

◆事前申込必要

◆申込・問合せ 蟹の目山を愛する会(家出) TEL 0761-78-5723 

11/10(金)~12(日)

加賀ロボレーブ国際大会

 「RoboRAVE」(ロボレーブ)とは、"Today's Play, Tomorrow's Pay."(今日の遊び、明日への学び)をモットーとする活動で、2001年に生れたアメリカ発のロボットを使った教育プログラムです。小学校4年生から高校生までを対象としたもので、コンピューターを使ってロボット動作のプログラミングを学習したり、操作を体験することを通して、子供の科学とものづくりへの興味・関心を高め、創造力や柔軟な思考力を育むことを目的とするものです。RAVEとは、Robots Are Very Educational の頭文字です。

現在、日本、アメリカ、中国、台湾、シンガポール、インドから参加予定で、ロボットを使って様々な競技にチャレンジします。各競技で色々なルールがありますが、全ての競技で共通の目標は、”FUN is the #1 priority; Winning i 2nd”(楽しむことが一番、勝利は二番)です。

”Fun while Learning, Sharing, and Teamwork”(学び、分かち合い、協同しながら楽しむ)気持ちを忘れず、自分だけのロボットで、世界にチャレンジします。

◆会場 加賀市スポーツセンター(加賀市山田町リ245-2)TEL 0761-73-3939

◆内容 

・11/10(金) 13:00~17:00 練習、調整、チェックイン(ロボット受付)

・11/11(土) 09:00~10:00 練習、調整、チェックイン(ロボット受付)

 10:00~10:30 開会式

 10:30~15:00 練習、チェックイン(ロボット受付)、スコアリング(予選)

 15:15~16:30 交流パーティー(サブアリーナ)

・11/12(日) 08:00~11:00 練習、スコアリング(予選)

 12:00~15:00 決勝トーナメント

 15:00~16:00 閉会式、表彰

◆観戦 無料

◆主催 ロボレーブジャパン国際ロボット大会推進委員会(加賀市 経済環境部 商工振興課内)

◆後援 総務省、経済産業省、文部科学省、手塚プロダクション、

加賀商工会議所、山中商工会、加賀機電振興協会

◆問合せ ロボレーブジャパン国際ロボット大会推進委員会 TEL 0761-72-7940 

11/11(土)

平成29年度 第2回 おもてなし講座 鴨を学ぼう

今回の講座では、加賀に飛来する鴨について生態や特徴などを専門家から話を聞き、ふるさとの自然のありがたさや尊さを学んでいただきます。また、江戸時代より受け継がれる伝統猟「坂網猟」を体験することで、自然と真剣勝負の伝統技法についての素晴らしさを知って頂ける講座です。

◆時間 13:30~15:30

◆集合場所 加賀市鴨池観察館(石川県加賀市片野町子2-1)

◆スケジュール

・受付開始

・鴨池観察館ホールにて講演会①

・ロビー双眼鏡にて鴨観察

・鴨池観察館ホールにて講演会②

(猟場に移動:徒歩5分)

・坂網猟についての講座

・猟場見学

・デモンストレーション

・希望者体験

・閉会挨拶

(天候により内容は変更になる可能性があります。)

◆参加費 1,000円(当日、受付で支払い)

◆定員 30名 (先着順) 定員になり次第締め切らせていただきます。

◆事前申込必要

◆主催 加賀商工会議所青年部 

◆申込・問合せ 加賀市商工会議所 TEL 0761-73-0001

11/18(土)

加賀ふるさと人物フォーラム

4人のパネラーの方々が、ふるさとの歴史を作り上げてきた数多くの加賀の人物の中から、特異な活躍をした人物や著名な人物の知られざるエピソードなどを話されます。

◆時間 13:00~15:30

◆会場 加賀交流プラザさくら 2階201会議室

◆内容

・13:00 開会式 山口隆治江沼地方史研究会会長 宮元陸加賀市長

・13:05 第1部 記念講演

 演題『幕末維新期に活躍した加賀侍の源流をひもとく

 講師:徳田寿秋氏(石川県観光スペシャルガイドほか)

・14:00 第2部 パネルディスカッション

テーマ『魅力溢れるふるさとの人物』

パネラー:山口隆治(郷土史家・文学博士)

  伊林永幸(大聖寺公民館館長)

  薮下昇一(全国北前船研究会会長)

  田嶋正和(元加賀市文化財保護課長)

コメンテーター:徳田寿秋(記念講演講師)

コーディネーター:見附裕史(江沼地方史研究会副会長)

◆参加 無料

◆事前申込 不要

◆主催 江沼地方史研究会

◆問合せ 加賀ふるさとの人物事典編集委員会(江沼地方史研究会内) TEL 0761-77-2002

11/20(日)~22(火)

加賀百万石ウォーク2017(秋冬編) 大聖寺の小さな魅力を見ぃーっけた!

秋の城下町大聖寺を、観光ボランティアガイドの説明を聞きながら散策します。

◆実施時間 10:00~12:00 (距離約2km)

◆集合・解散場所 JR大聖寺駅

◆申込必要 3日まえの16時まで受け付け

◆参加費 1,000円 (ガイド料・お茶&お菓子代込み)

◆定員 15名(最小実施人数2名)

◆コース JR大聖寺駅→秋の紅葉満喫・宗寿寺でお庭拝見→加賀神明宮から大聖寺の町並み眺望→町屋再生茶房「カフェサロン銀」にてお茶・お菓子→JR大聖寺駅(解散)

◆問合せ KAGA旅・まちネット TEL 0761-72-6678

▲このページのトップへ